相手に過失がなくてもこちらが死傷すれば補償の対象内

この保険の一番の特徴は自賠責保険が支払われない場合でも保険金が支払われることです。

 

この意味は大して大きくないように感じる人もいるかもしれませんが、実はとても大きな意味があります。

 
例えば、「信号待ちをしている車に追突」した場合や「センターラインをはみ出して対向車と衝突」した場合では、相手の車には責任が全くありません。

 

ですから、相手の車の保険は自賠責も含めて適用されることはありません。

 
このような事故により死傷者が出たときに最低限の補償をするのがこの保険です。

 

しかし、この保険は知名度が低いのですが、その理由は自動付帯されていることが原因です。

 
話は逸れますが、死傷事故を起こしたときはとにかく保険会社に連絡することが大切です。

 

 

自分では知らないうちに事故に適用される保険に加入していることがあるからです。保険が適用されるのとされないのでは大きな違いがあります。

 
それはさておき話を戻しますと、この保険は人身傷害保険がある場合には同じ内容の保険ですので不担保となっているか、または人身傷害保険や自賠責が優先されて支払われるようになっていることが多いようです。

 

 
因みに、保険金の上限は1名につき死亡が1,500万円で後遺障害が50万円から2,000万円というように少ない金額となっていることを認識していることはとても重要です。