単独事故で運転者が死傷しても補償される

自賠責保険は自分と家族は対象外です。

 

これは自賠責保険だけでなく自賠責保険に上乗せされる形で存在する任意保険の対人賠償保険も同じです。

 

つまり単独事故などのように死傷した被害者が自分や家族である場合は対人賠償保険では対象外ないのです。

 

そういうときに補償してくれる保険と言う事になります。

 

名前から判りにくいのですが対象はあくまで死傷した人に対して自賠責保険が適用されない場合の保険であり、自損した自分の車の保険ではありませんの勘違いしないようにしましょう。

 

ただし人身傷害特約付きの契約の場合は適用されません。

 

これは保険金額は1,500万円が上限と低く、人身傷害特約のほうが最低保険金額が3,000万円と高いため人身傷害特約の上限まで支払われるからです。

 

 

また適用される事故の形態を含め、幅広く対象とされますので、保険の範囲が重なる為です。

 

対象となるのは契約中の車の保有者の人、その車を運転していた運転者の人、その車に乗っていた同乗者の人になります。

 

 

また単独事故であっても運転者が 無免許運転、酒気帯び運転などの状態で、その本人に生じた傷害は対象になりません。 その他に地震、噴火、津波によって生じた傷害も対象外です。