医療保険金

自分が自動車の運転を誤って事故を起こし、運転者や同乗者が死傷した場合に補償してくれる保険というものがありますが、これは対人保険に自動的についている場合が多く、使用すると等級が下がるのでよく考えてから使用するようにしましょう。

 
自損事故の時に、搭乗者を守る保険の主な特徴としては、単独でどこかに衝突して、運転者や同乗者が死傷した場合を補償してくれること、相手に過失がない自動車同士の事故で、運転者や同乗者が死傷した場合を補償してくれることといった点が挙げられます。

 
その補償内容としては、死亡保険金、後遺障害保険金 、介護費用保険金 、医療保険金などがあり、搭乗者傷害保険に加入していれば両方の請求ができますが、中には搭乗者傷害保険のみを使用した方がお得な場合もあります。

 
ちなみに、被保険者の故意による事故で生じた障害や死亡の場合や、被保険者の逃走行為、自殺行為、犯罪行為により起きた事故である場合、無免許や飲酒、麻薬などで正常な運転ができない状態で起きた事故である場合、被保険者が自動車の所有者の承諾なく運転して起きた事故である場合などは保険金が支払われないので注意しましょう。

 
補償内容については保険会社によって違う場合が

 

あるので、確認しておくのがオススメです。