対人賠償保険がついている

もし交通事故を起こして、人に大怪我をさせてしまったり、死亡させてしまったりした場合、責任の取りようがありません。

 

できることと言えば、真心から誠意をもって賠償に応じることくらいです。

 

ところが、任意保健に加入していないと、余程経済的な余裕がないと、倍賞金を支払うことが難しくなります。

 

 

加入が義務付けられている自賠責保険だけでは限界があります。

 

自賠責保険では、もし死亡事故を起こした場合の支払い限度額が1名につき3000万円までとなっています。

 

また、重度後遺障害の場合は、1名につき4000万円、ケガの場合は1名につき120万円までとなっています。

 

つまり、それ以上の賠償責任が問われた場合、オーバーした分は自己負担になるのです。

では実際に現在死亡事故、あるいは重傷をおわせるような事故を起こしてしまった場合、どれくらいの賠償額になるのでしょう。

 

対人賠償の平均を見てみると、3,000万円以上が全体の約6割を占めます。

 

つまり、6割が自賠責保健だけではカバーできないということになります。

 

平均額では、約5,000万円で、中には1億円を超えるようなケースもあります。

 

 

このようなことを考えるとき、任意の対人賠償保険に加入することは大変重要であることがわかります。