死亡保険金

 

 

死亡にかかる保険は生命保険などがありますが、自動車の保険においてもあります。

 

生命保険では単にその保険をかけられいていた人が死亡した際に保険金がおりますが、自動車の保険では違った場合で保険金がおりる場合があります。

 

他の人を自分の運転により死亡させてしまい、それが自分の責めに帰すべきであったときなどの場合は当然運転していた自分が損害賠償をする必要があります。

 

さらには、自分の責任がすべてではなかった場合でも、自分の責任も何割か負わなければいけないということも多々あります。

 

その、他の者を死亡させてしまった場合の死亡保険金を保険会社が支払うというものです。

 

損害賠償はその被害者の収入や年齢などで大きく変わってきます。

 

そのため、ありとあらゆる場合を想定した保険を選んでおくことは大切なことです。

 

 

もちろん、こういった保険は運転者本人や同乗者などが死亡した場合の補償をもしてくれるものもありますので、契約内容を自分の自動車の利用方法に合わせて選びましょう。

 

こういった保険は対人賠償責任保険のひとつで、他には傷害を負わせてしまった場合や事故にあった人が後遺症を負ってしまった場合に補償するようなものや、すべてを含むものもあります。